ひじきは食物繊維も豊富

ウエスト

腸内環境をよくするひじき

お通じに悩みやすい人は多いもの、その大半は太り気味です。原因は食べ過ぎもありますが、便秘で悩むことで、体重にも影響をすることがあります。食事を美味しく頂いて、腸内の環境が良い状態であれば、お通じは良くなります。すると体重は、無駄には増えなくなる、順調なサイクルが成立をしやすいです。便通をよくする食べ物というと、すぐに頭に浮かべるのは、乳酸菌も豊富なヨーグルトです。もちろん乳製品は、便通の改善にも良い食べ物であり、痩せる食べ物といっても良い食品です。食物繊維を豊富に摂取することを考えたとき、実はひじきの海藻は大変優れています。和食料理の副菜に、ひじきの煮物は出てくることはありますが、日常の食事では、それほど食べることは少ない海藻の種類です。献立の主役にはならないものの、日本の和食メニューには、ないとさみしい海藻のひとつでもあります。ひじきには豊富な鉄分を含むのと共に、たっぷりの食物繊維を含有しています。たくさんの食物繊維のある野菜といえば、根菜類のごぼうが頭にひらめく人は多いです。根菜類のごぼうと比較をしたときに、ひじきは7倍もの食物繊維を含んでいます。食物繊維が豊富であることは、痩せる食べ物としても優れていると言えます。痩せる食べ物としても献立に加えたい海藻のひじきは、カルシウムの量にも恵まれています。牛乳はカルシウムが豊富ですが、ひじきは牛乳の12倍にもなります。鶏のレバーと比較をすると、ひじきには鉄分も6倍です。カルシウムも鉄分も豊富なひじきは、痩せる食べ物としても、健康サポート食材としても、普段から食べたい海藻だと言えます。